結婚指輪は素材選びが大切です

結婚指輪の素材というと、日本ではプラチナが主流ですが、海外を見ると、ゴールドが主流という国もあります。

日本ではなぜプラチナが人気なのかというと、やはり変色しないということがその要因でしょう。

結婚指輪ですから変色に強いプラチナが、永遠の愛、変わらない愛を表現していると考えられます。

またプラチナは希少価値が高く、1トン分の鉱石からやっと指輪1本分とれる、というくらいです。

そのため、価値の高さも結婚指輪の素材として選ばれている要因です。

確かに他の結婚指輪の素材と比較しても、プラチナリングは金額も高いです。

飽きが来ないということもありますし、いくつになっても派手にならない色だから選ばれるということもあります。

金額的にお高いという方は、ホワイトゴールドでもいいと思いますし、最近はピンクゴールドとイエローゴールドのコンビなどを結婚指輪に利用される方も多いです。

どのような素材を選ぶかは、お二人の好みです。

結婚指輪はお仕事の都合上されないという方もいますが、通常、結婚の証として毎日付けるものです。

どのような素材でもデザインでも好みでいいと思いますが、毎日の生活の中で困る事がないようなものがいいでしょう。

ずっとつけていることが、結婚の証となるのですから、既婚者にとってとても大切な指輪となります。

育児、家事、仕事などをこなす際、指輪が邪魔になってしまっては困ります。

凹凸などが少なく、引っかかりやすいデザインは避け、毎日付けていても支障がないような結婚指輪を選択しましょう。